2011年11月21日月曜日

目次/BORING POSTCARDS

昨日行われた「おおさか小冊子セッション」は大盛況だったそうです。次行われることがあればぜひ参加したい。
さて、読みづらいとご指摘があり(すみません)、目次テキストを掲載します。

contents
P02 プロローグ 「大好きで大嫌い」な料理との遭遇。 
P04 key person /緑さんのこと。 
P05 夏爐「奥さん」インタビュー。
P16 木村家で、「舌の記憶」に迫る。 
P18 「今リアルに食べたいレモンライス」レシピ。 
P20 食堂「ウィステリア」へ潜入。 
P21 誌上「木村緑の世界」展。 
P22 BORING food POSTCARDS 01 
P24 food column1 「マイ・メモリアル・フード」 
P26 MEN'S COOKBOOK REVIEW 男の料理書評 
竹村匡己/綿瀬貴泰/竹内厚/和久田善彦/鈴木崇/横須賀拓/木村裕一/堀部篤史/藤田康平
P42 BORING food POSTCARDS 02 
P44 food column2 須波由貴子「画面の中の濃い料理」 
P46 エピローグ 大さじ1と小さじ2の間で。 


大阪市立大学そばにかつてあった喫茶店「喉内庁御用達 憩務所 夏櫨(くないちょうごようたし けいむしょ かろ)」店主へのインタビュー、料理家・木村緑さんの「舌の記憶」をたどる記事、男性(素人料理人)目線で語る料理書評などを掲載しています。かつて一緒に雑誌を作っていた仲間や友人に声をかけて作った、等身大の1冊です。




私がこつこつ収集した絵はがきも密かに掲載しています。
コラム企画の下書きとした「BORING POSTCARDS」はこういう本。
http://www.phaidon.com/store/photography/boring-postcards-9780714843902/


著者である写真家マーティン・パーのSUPERBADなサイトも楽しいです。
http://www.martinparr.com/index1.html

どうぞよろしくお願いします。