2011年12月1日木曜日

STUDIO VOICE ONLINE



『STUDIO VOICE ONLINE』にてきょうと小冊子セッションについての記事が掲載されました。
『LEMON RICE』もご紹介いただいています。ライターは『男の料理書評』にも寄稿いただいた竹内氏。

/////
「ジンやリトルプレスを集めたイベントは、今や食傷気味というくらいに、全国的に頻繁に開催されている。「きょうと小冊子セッション」はその流れを受けつつも、実はまるでベクトルが違っていた」
「恵文社叢書であり、ガケ書房ブックスのような、書店発の自主レーベルが期間限定で立ち上がったと思えば書店発の自主レーベルが期間限定で立ち上がったと思えばわかりやすい」(本文より)
/////

ジン、リトルプレス、小冊子…細かい区別をすること自体が野暮という気もしますが、「らしさ」にとらわれない多様な在り方を模索することこそが自主制作の良さだと、実際に作りながら感じました。
良いきっかけをいただきました。